ページタイトル「清流だより」日本共産党吉岡ひろ子のホームページ
ずっと住み続けたい清田区に全力疾走! 日本共産党清田区市政相談室長・吉岡ひろ子です

エッセイ「お元気ですか」

「憲法改正問題」真剣に

最初見たときから「必ず行きたい」と思いました。

自民党の石破茂衆院議員と共産党の仁比聡平参院議員、そして立憲民主の山尾志桜里衆院議員が「憲法改正問題」を真剣に考える、というのですから。

12日の午後、中心街のかでる2・7で開かれた、札幌弁護士会主催の集会です。

町内の新年会に出てから会場に向かったので、定刻に遅れてしまい、到着時には第2会場も満員。廊下のいすで、何とかやりとりを聞くことができました。

石破さんは、安倍首相の9条改憲についての批判もし、(膨大な額の防衛費を含め)「防衛」については、独立国家ならば当たり前と言います。

仁比さんは国を守るのは「防衛」だけではない。平和外交、歴史への反省などが重要だと話されました。

仁比さんが平和のためには「一言でいうと安倍政権を終わらせること」ときっぱり発言すると、拍手の音が聞こえました。会場で参加した人の話では、その時石破さんは苦笑いをされていたそうです。

仁比さんは、歴史もふまえ、とてもわかりやすくお話して、胸がすく思いでした。

私が何より感銘を受けたのは、全く意見の異なる3人が一つのテーブルに着いて、主義主張を述べ合ったことです。

真剣に討論を行った3人に拍手。主催した弁護士会に拍手。

民主主義って何だ?

これだ!

「清田区新聞」19年1月20日付より

PAGETOP