ページタイトル「清流だより」日本共産党吉岡弘子のホームページ
みんなが笑顔で暮らせる街に 日本共産党札幌市議会議員 吉岡弘子

エッセイ「お元気ですか」

当選から1週間

「やったー。当選だ」と歓声をあげてから1週間がたちました。

「良かったねー」と訪れる人の顔もだんだんと少なくなり、選挙事務所も、二日後には閉鎖します。

お散歩の途中に顔を出す人、叱咤激励に訪れる人、そしてビラ折りや電話での支持依頼、選挙カーの要員のみなさんたちの顔や姿が、現れては消えていきます。

老人クラブの例会では、次々と「良かったねー」の握手。春の日帰り旅行は「道議会と市議会の見学」をすると決まりました。

13、14日は区内13カ所で宣伝、随所で声がかけられました。

訪問の中では地域の要求も出されました。

今まではなかった「当選証書授与式」、「写真撮影」も体験。当選証書は得票順で、私は3番目。今回の写真は寝癖も克服し完璧(のはず…)。

明日から4日間は、私の故郷、道南の木古内町議選の応援に行きます。

今月までという「赤旗」読者の方も多いのですが、7月には参院選があります。市議会のご報告もしたいですので引き続きのご購読を、ぜひぜひお願い申し上げます。

ゴールデンウイークは、書類整理や庭の手入れ……。

選挙直前に39才の誕生日を迎えた娘に、ふた月遅れのバースデーケーキを送りましょうか。

「清田区新聞」19年4月21日付より

PAGETOP