ページタイトル「清流だより」日本共産党吉岡ひろ子のホームページ
ずっと住み続けたい清田区に全力疾走! 日本共産党清田区市政相談室長・吉岡ひろ子です

エッセイ「お元気ですか」

「健康サロン水芭蕉」の発会

「水芭蕉」のホールは、コーヒーの香りがたちこめ、用意された椅子は笑顔の男女で埋め尽くされました。

子どもから高齢者まで、「居場所づくり」をすべての地域に広げよう、地域で共同のまちづくりを進めようと、勤医協「健康友の会」などが、各地で取り組む中で、清田区の「健康サロン水芭蕉」がスタートしました。

第一部はコーヒーとお菓子を頂きながら、おしゃべりや手作りを楽しみました。

ある女性は「とっておけばこういう時につかえるんですねぇ」と、いとおしむように美しい花模様のカップを覗き込みました。

私は折り紙で「コマ」を作ったのですが、これが難しくて、何度も先生に手ほどきを受けてようやく完成。

ほかのテーブルでは昔懐かしい、折り紙の「奴さん」。

ちぎり絵のコーナーは、若い層の参加者が集中していて、華やかな雰囲気です。

第二部は「ふまねっと」と「笑いヨガ」で健康作り。

チラシなどを見て参加した地域の方11人、入居者やデーサービス利用者が18人など、46人の参加で、第1回例会は、熱気につつまれました。

「豊平区・清田区健康友の会」の豊平区の役員さんたちが大勢で来てくれ、連帯の絆の温かさにも感激しました。

高齢者を真ん中にして、みんなが楽しめたのではないでしょうか。

「清田区新聞」19年2月24日付より

PAGETOP