ページタイトル「清流だより」日本共産党吉岡ひろ子のホームページ
ずっと住み続けたい清田区に全力疾走! 日本共産党清田区市政相談室長・吉岡ひろ子です

吉岡ひろ子の提案とお約束

3つのゼロ、4つのいきいき街づくりで切実な願い実現に全力投球!

ずっと住み続けたい清田区に全力疾走!

「3つのゼロ」「4つのいきいき街づくり」実現します!

3つのゼロ

子育て

認可保育所を増やし、待機児童ゼロに

医療

子どもの医療費の助成で中学校卒業まで入院・通院とも医療費ゼロ

介護

特別養護老人ホームの増設で待機者ゼロ

4つのいきいき街づくり

くらし

安心して暮らせる平和な街


  • 安心できる医療・福祉・介護
    • 利用者も働く人も安心できる介護制度に。
    • 政令市の中でも2番目に高い札幌市の国保料の引き下げを求めます。国保予算は4年連続で平均47億円も余しています。これを使えば、1万円引き下げができます。
    • 障がい者施設の増設。
  • 原発ゼロ、再生エネルギーへ転換
    • 泊原発再稼働に反対。
  • 平和と民主主義守る
    • 憲法9条を守り、「札幌市平和都市宣言」が活きる街に。
  • 庶民いじめの消費税増税に反対します。
交通

お出かけ安心の街

地下鉄の清田区延伸、バス路線の充実のため努力します。

働き方

若者が希望をもてる街


政府は、労働者派遣法の改悪で「生涯派遣」を押し付けようとしています。ブラック企業を規制し、正社員が当たり前の社会と、人間らしく生き、自立できる賃金の保障を求めます。

商店街

中小企業、商店街応援の街


共産党が求めた住宅リフォーム助成金制度は、予算4億円で経済効果32億円。これをさらに充実します。商店街の振興、中小企業向け融資制度も改善させます。区に産業担当を置きます。

財源はあります

札幌市には2800億円もの各種基金があります。自由に使える財政調整基金だけでも175億円(2013年度決算)余りもあります。基金の見直し、適正化で財源が生み出せます。

議員報酬(月85万円)の40%削減で38億2520万円(4年間)、政務活動費を1億円(4年間で)削減します。

吉岡ひろ子の政策ビラ