/9,596字

ツール
[ページタイトル「清流だより」+]

[日本共産党吉岡ひろ子のホームページ+]


[吉岡ひろ子フェイスブック+][吉岡ひろ子のブログ+][吉岡ひろ子のツィート+][吉岡ひろ子の動画+]
[ずっと住み続けたい清田区に全力疾走! 日本共産党清田区市政相談室長・吉岡ひろ子です+]

北海道地震被災お見舞い申し上げます。日本共産党は被災地・被災者支援に全力をあげます。

6日未明の北海道胆振東部地震で多くの犠牲者、家屋の全半壊、停電や断水をはじめ、甚大な被害が発生しました。清田区内でも液状化などで多くの被害が発生し避難生活を続けている人も多数です。

日本共産党は中央委員会、北海道委員会に対策本部を立ち上げ、6日には紙智子参院議員が清田区の液状化被害の現地に調査に入り、8日には清田区市政相談室長の吉岡ひろ子と、高橋千鶴子衆院議員、畠山和也前衆院議員、道議団の議員らも同所を調査し、住民の要望の聞き取りなどをおこないました。

日本共産党は引き続き、被害の実態調査と被災者、住民の要望の聞き取り、対策に取り組んでいます。お困りごとや、国、道、札幌市やインフラ事業者への要望がありましたら、吉岡ひろ子事務所まで遠慮なくご連絡ください(TEL:011-888-6777)。

7月豪雨、台風21号、北海道地震災害被災お見舞い申し上げます。

日本共産党は被災地支援に全力をあげます。

→2018年災害被災地支援の取り組み

支援募金は吉岡ひろ子事務所でも取り扱っています。

[お元気ですか+]

道民みんなが被災者

「災害の少ない札幌市」という観念は全く覆されました。

6日未明の北海道胆振東部地震は、北海道観測史上初の震度7でした。

札幌市でも震度6弱を記録し、甚大な被害を受けました。

被災された皆さんにお見舞いを申し上げ、亡くなった方々やご家族のみなさんに心から、哀悼の意を表します。

突然の地震から6日たちますが


TOP